終了メタボリズム・クオンタイズド ~旧都城市民会館3D Digital Archive~

建築の価値を後世へ継承するために、建物を3Dデジタルアーカイブとして保存し、バーチャル空間として新陳代謝させたVRの旧都城市民会館を舞台に建築ツアーを開催。建物内を巡りながら、ディスカッションを通して、アーカイブの意義や建築の新陳代謝と活用の未来を考えるワークショップです。

日程
9月27日(日)15:00~16:00
※VR機器セッティングのため、15分前にお集まりください。

実施形態
会場にて対面で実施

講師
豊田 啓介(建築家/gluon/noiz/東京大学生産技術研究所客員教授)
金田 充弘(構造エンジニア/gluon/東京芸術大学美術学部建築科准教授)
瀬賀 未久(ディレクター/gluon)
藤原 龍(Photogrammetrist /ホロラボ)
長坂 匡幸(CGデザイナー)
大隣 昭作(福岡大学工学部社会デザイン工学科)

定員
5名(先着順)

対象年齢
高校生以上

実施内容
1)VRゴーグルを装着し、VR市民会館の中へ移動。デジタルアーカイブのプロセスや記録技術を紹介します。
2)建物の歴史を学んだり、建築の構造を解説したり、参加者の質問に答えながらバーチャル空間を巡る建築ツアーを実施します。
3)建築ツアー後は、建物の前に集まり、デジタルで建物をアーカイブすることの意義や3Dデータの活用方法など参加者と双方向にディスカッションを行います。

申込締切
9月25日(金)17:00


予約について
・ご予約は、1回のお申込みにつき1名様までとなります。
・不適切なご予約が確認された場合は、ご参加をお断りさせていただく場合があります。

参加料
・ワークショップへの参加料は無料です。

お問合せ
第23回受賞作品展事務局(BSフジ内広報担当)
Email:jmaf@bsfuji.co.jp
TEL:03-5459-4668 ※受付時間:9:00-17:00

BACK TO WORKSHOP LIST