第23回:受賞作品展を2020年9⽉19⽇(⼟)から開催!

2020.8.423rd Festival

世界107の国と地域、3,566点に及ぶ応募作品から選出された
受賞作品を展⽰するメディア芸術のフェスティバル
『第23回⽂化庁メディア芸術祭受賞作品展』開催︕
今年は⼀部オンラインにてお楽しみいただけるコンテンツもご⽤意。

第23回は、世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4つの部⾨ごとに、⼤賞、優秀賞、新⼈賞、そして今回新設のソーシャル・インパクト賞、U-18賞を選出しました。また、4部⾨以外に「フェスティバル・プラットフォーム賞」を新設し、世界17の国と地域から応募された46作品の中から、受賞作品を選出しました。あわせて、功労賞としてメディア芸術分野に貢献のあった⽅を選出しました。
今回は新型コロナウィルス感染防⽌対策として、来場⼈数を制限し、事前予約制にて開催。また、会場を360度VRカメラで撮影し、来場いただけない⽅も、特設ウェブサイトにてメディア芸術祭の世界観をお楽しみいただくことができます。さらに、受賞者トークイベントについても、特設ウェブサイトでの配信を予定しております。詳細は後⽇発表します。
*ワークショップは⼈数を制限して、会場にて開催予定です。

【第23回⽂化庁メディア芸術祭受賞作品展 開催概要】
■開催期間:9⽉19⽇(⼟)〜9⽉27⽇(⽇)
■会場:⽇本科学未来館
■⼊場料:無料(事前予約制)
■主催:第23回⽂化庁メディア芸術祭実⾏委員会
会⻑:宮⽥ 亮平 (⽂化庁⻑官)
運営委員:建畠 晢(多摩美術⼤学⻑)/ 古川 タク(アニメーション作家)
審査委員、選考委員
■協⼒:⽇本科学未来館 / 東京都港湾局 / 東急プラザ銀座
■協賛事業:ショートピース︕仙台短篇映画祭2019(仙台短篇映画祭実⾏委員会)/
⾼浜寛のマンガに登場するアイテムで読み解く19世紀末 ―『ニュクスの⾓灯』、『蝶のみちゆき』…展(熊本市現代美術館[熊本市・公益財団法⼈熊本市美術⽂化振興財団])/
MUTEK.JP 2019(⼀般社団法⼈ MUTEK Japan)/ 東京都現代美術館企画展「おさなごころを、きみに」(公益財団法⼈東京都歴史⽂化財団 東京都現代美術館)/ インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(略称: ICAF)(インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル実⾏委員会)

プレスリリース

BACK TO LIST