杉井 ギサブロー

SUGII Gisaburo

日本

1940年、静岡県生まれ。18歳でアニメーションの世界に飛び込み、東映動画において日本初の長編アニメーション映画『白蛇伝』にアニメーターとして携わる。その後、虫プロで『鉄腕アトム』『悟空の大冒険』『どろろ』などのテレビシリーズを監督。『マンガ日本昔ばなし』シリーズを立ち上げたと同時に日本各地を放浪し、10年余りのブランクを経て、『ナイン』『タッチ』といったあだち充作品で復帰。85年の『銀河鉄道の夜』、2012年の『グスコーブドリの伝記』で絶対的な評価を得る。

関連コンテンツ