審査委員Jury Members

フェスティバル・プラットフォーム賞

  • 川村 真司

    Whatever Inc. クリエイティブディレクター/ CCO

    Whateverのチーフクリエイティブオフィサー。Whatever合流前はクリエイティブ・ラボPARTYの共同創設者/エグゼクティブ・クリエイティブディレクターと同時にPARTY NYのCEOを兼任し全てのグローバルビジネスを担当。数々のブランドのグローバルキャンペーンを始め、プロダクト、テレビ番組開発、ミュージックビデオの演出など活動は多岐に渡る。カンヌ広告祭をはじめ数々の賞を受賞し、アメリカの雑誌Creativityの「世界のクリエイター50人」やFast Company「ビジネス界で最もクリエイティブな100人」、AERA「日本を突破する100人」などに選出されている。

  • 水口 哲也

    エンハンス代表/シナスタジアラボ主宰/慶応義塾大学大学院(Keio Media Design)特任教授

    シナスタジア(共感覚)体験の拡張を目指し、創作を続けている。2001 年、映像と音楽を融合させたゲーム「Rez」を発表。その後、音と光のパズル「ルミネス」(2004)、指揮者のように操作しながら共感覚体験を可能にした「Child of Eden」(2010)、Rez のVR 拡張版である「Rez Infinite」(2016)、テトリスのVR 拡張版「Tetris®︎ Effect」(2018)、音楽を光と振動で全身に拡張する「シナスタジア・スーツ」(2016)、共感覚体験装置「シナスタジアX1 – 2.44」(2019)など。Media Ambition Tokyo(MAT)理事。エッジ・オブ共同創業者兼取締役。
  • 水谷 仁美

    株式会社リコーSV 事業本部 THETA 事業部 Sales & Marketing

    360度カメラRICOH THETAのマーケティングディレクター。2013年の事業立ち上げ時からマーケティング担当として携わり、ウェブサイト制作や海外マーケティングを担当。2014年以降、360度映像の表現の幅を広げるために新規アプリの企画や、Instagramを中心としたSNS施策にも携わる。2018年からはTHETAユーザーを対象としたコミュニティマーケティングを展開し、コアユーザーの熱量を上げながら、360度映像の市場を広めていく活動に注力している。