審査委員Jury Members

フェスティバル・プラットフォーム賞

  • 川村 真司

    Whatever Inc. クリエイティブディレクター・CCO

    Whateverのチーフクリエイティブオフィサー。東北新社と共同出資して設立した、WTFCのCCOも兼任。Whatever合流前はクリエイティブ・ラボPARTYの共同創設者/エグゼクティブ・クリエイティブディレクターと同時にPARTY NYのCEOを兼任しすべてのグローバルビジネスを担当。数々のブランドのグローバルキャンペーンをはじめ、プロダクト、テレビ番組開発、ミュージックビデオの演出など活動は多岐にわたる。カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルをはじめ数々の賞を受賞し、アメリカの雑誌Creativityの「世界のクリエイター50人」やFast Company「ビジネス界で最もクリエイティブな100人」、AERA「日本を突破する100人」などに選出されている。
  • 水口 哲也

    エンハンス代表/シナスタジアラボ主宰/慶応義塾大学大学院(Keio Media Design)特任教授

    シナスタジア(共感覚)体験の拡張を目指し、創作を続けている。2001年、映像と音楽を融合させたゲーム「Rez」を発表。その後、音と光のパズル「ルミネス」(2004)、指揮者のように操作しながら共感覚体験を可能にした「Child of Eden」(2010)、RezのVR拡張版である「Rez Infinite」(2016)、テトリスのVR 拡張版「Tetris® Effect」(2018)、音楽を光と振動で全身に拡張する「シナスタジア・スーツ」(2016)、共感覚体験装置「シナスタジアX1 – 2.44」(2019)など。Media Ambition Tokyo(MAT)理事。
  • 米澤 香子

    Wieden+Kennedy Tokyo Creative Tech Director 

    大学で航空宇宙工学、大学院でHuman Computer Interactionを専攻。在学中未踏IT人材発掘・育成事業に採択され『Cat@Log:Human Cat Interaction Platform』を開発。テクノロジーの関わる領域において、研究開発業務、企業のキャンペーンプランニングからサービス企画開発・プロダクトイノベーション、アートまで幅広く行う。また宇宙ベンチャーのCI策定からプロダクトデザインまで一貫してクリエイティブ・ディレクションを手掛ける。2020年よりWieden+Kennedy Tokyo 所属。主な仕事に、Honda『dots by internavi』『Sound of Honda / Ayrton Senna 1989』、OLYMPUS『PLAY AIR』、ispace 『HAKUTO』、Leah Doh 『CATS Music Video』 など。Cannes Lions Titanium Grandprix、D&AD Black Pencil、文化庁メディア芸術祭大賞、グッドデザイン賞金賞など多数受賞。猫が好き。

募集要項